• Cooking Magic ひと振り酒 キャンペーンについて
  • プロが語る日本酒の魅力
  • ひと振りするだけでいつもの料理がおいしくなる!日本酒の使い方
  • 日本酒スタイリストこばたてるみの日本酒でビューティ&ヘルシーRecipe
  • 江上料理学院監修 日本酒レシピ集
  • ひと振り酒への疑問は こちらで解消 ひと振り酒Q&A

キャンペーンボトル

日本酒スタイリスト木村克己先生が、 誰にでもできるかんたん料理に日本酒をひと振りして、効果の程をレポート。 日本酒が持つ魔法のような力に、実験結果はプロも驚きの連続! 実験日記を参考に、あなたも毎日のお料理にひと振り酒を取り入れてみませんか。

煎り酒
〜醤油はムリでもこれならすぐ作れる!どんなものにも合う万能調味料〜


つくり方は簡単です。
日本酒1合180ccと鰹節は2パック。できれば減塩じゃない梅干2粒。
これをできるだけ弱火でことこと15分程度煮た後、
冷まして濾すと出来上がり。仕上がりは120cc程度になります。
消えた60ccは飛んだアルコールと、鰹節に染み込んだ分です。
ビンにつめて冷蔵庫に入れておけば1週間~10日持ちます。


酸味と塩味、お酒のほのかな甘みが非常においしく、
鰹節と日本酒が持っているアミノ酸の相乗効果でうまみが倍増しています。

白身魚の刺身や豆腐なんかにぴったりですね。
蒸し野菜の蒸し汁、エキスにちょっと足すのもいいでしょう。
醤油の代わりに麺つゆに足すのもいい。
格段に味の「格」が違ってきます。

もともと煎り酒は、酒やカツオや梅干より醤油の方が高価だった江戸時代に
代用品として使用されていました。
お酒によって健胃作用のある梅干のエキスが抽出されるので、
食あたりなどお腹を守ります。さらに夏バテ防止にもなります。
昔の人の知恵ですね。

  • 前の画面に戻る