• Cooking Magic ひと振り酒 キャンペーンについて
  • プロが語る日本酒の魅力
  • ひと振りするだけでいつもの料理がおいしくなる!日本酒の使い方
  • 日本酒スタイリストこばたてるみの日本酒でビューティ&ヘルシーRecipe
  • 江上料理学院監修 日本酒レシピ集
  • ひと振り酒への疑問は こちらで解消 ひと振り酒Q&A

キャンペーンボトル

〜素材を生かしながらうまみをプラスする〜

1.美味しさを閉じ込め型崩れを防ぐ
植物性の食品の細胞は、細胞壁で囲まれています。
細胞壁同士を接着するペクチンは、日本酒のアルコール成分により、加熱しても壊れない強いものになるので、煮崩れや型崩れを防止します。また、中に含まれている成分が溶け出すのを防いでくれます。
2.香ばしい焼き色をつける
日本酒に含まれている糖とアミノ酸が、加熱するとアミノカルボニル反応を起こして、美しい黄金色の焼き色と風味を作ります。これは、高温で加熱すると、糖質のカラメル化が早くなるためです。
3.味付けをまろやかに
日本酒の甘みやうまみ成分は酢の物や漬物、和え物などの酸味や塩味をまろやかにします。また、アルコールの効果で、一緒に使う調味料の調味効果を最大限に引き出すことができ、塩や醤油の吸収率を高めるため、減塩にもつながります。
4.素材を軟らかく
日本酒を加えて煮たり、蒸したり、日本酒に漬け込んで焼いたりすると、肉や魚の筋繊維の保水性が高まり、驚くほど軟らかく仕上がります。
5.隠し味やうまみをプラス
日本酒にはグルコースなどの糖分が含まれているので、料理に加えると甘みが増します。また、アミノ酸も豊富に含まれるのでうまみも増します。
6.素材の臭みを消す
日本酒のアルコールが蒸発する時に、魚の生臭みであるトリメチルアミンも一緒に蒸発させ、日本酒の有機酸などが臭みを改良してくれます。他のお酒と異なり無色透明なので、素材の見た目を変えずに余分な臭いだけを取り除くことができるのも、日本酒の魅力です。
  • 前の画面に戻る